令和2年度富山県立特別支援学校高等部B日程入学者選抜一般学力検査に係る得点の開示について(変更)

このことについて、下記のとおりとします。

111111111111111111

1 開示の期間(延長)

変更前:令和2年3月25日~令和2年4月24日

変更後:令和2年3月25日~当分の間(土曜日、日曜日は開示しません)

2 開示期間の終わり

改めてお知らせします

入学式

4月8日(水)に令和2年度の入学式を行いました。小学部3名、中学部8名、高等部本校12名、高等部こまどり分教室1名、計24名の新入生を迎えました。

式辞の中で校長は、覚えてほしい言葉として「校訓」の内容について話しました。「『明るく』は、いつも笑顔で前向きな気持ちをもつこと、『仲よく』は、信頼できる人とのつながりをたくさんもつこと、『たくましく』は、くじけない強い心をもつことであり、『明るく 仲よく たくましく』の言葉を思い出して、強い心をもった児童生徒に成長してください。」というメッセージを送りました。

卒業証書授与式

3月11日(水)、卒業証書授与式を行いました。小学部9名、中学部11名、高等部3名の計23名の卒業生に卒業証書が授与されました。
長濵校長は、「充実し、豊かな、満足感がある人生を生きるために、“笑顔”と“感謝”の言葉を思い出してほしい。みなさんが誰かに“笑顔”を向ければ、よりたくさんの“笑顔”が返ってくる。家族や助けてくれる人に“感謝”の気持ちをもてば、その人もあなたに“感謝”してくれる。これまで出会った人たちからもらった喜びを思い出しながら、これから出会うたくさんの人々と、新しい喜びや感動を見い出してほしい。」というメッセージを送りました。卒業生代表からは、「いつも励ましてくれる家族、先生、友達の温かな支援に感謝し、明るく、仲良く、たくましく生きていきたい。」という誓いの言葉がありました。

「お話宅配便2019」~絵本の読み聞かせと演奏の会~

11月18日(月)3・4限目に、音楽室で「富山ファーストバンク社会福祉基金」の助成により、絵本の読み聞かせとプロの音楽家(ピアノ:藤井亜里沙(ふじいありさ)さん、ヴァイオリン:藤田千穂(ふじたちほ)さん、クロマティック・ハーモニカ:比嘉祥人(ひがさちと)さん)によるプログラム「おはなし宅配便2019」を開催しました。
今回初の試みとして、プロジェクターにより、挿絵を大型スクリーンに映しながらの読み聞かせを行いました。4月に引き続き、絵本の読み聞かせは「富山市立図書館よみきかせの会」の方々に担当していただき、演奏者の方々には各場面に合わせ、生演奏で臨場感たっぷりに盛り上げていただきました。児童生徒はスクリーンに注目しながら楽しいお話と素敵な音楽に聞き入る様子が見られました。

チューリップ球根の贈呈式及び植付け

11月19日(火)5限目に、本校体育館において、富山セントラルライオンズクラブ様よりいただいたチューリップの球根の贈呈式及び植付けが行われました。贈呈式では、児童生徒を代表して小学部の児童が球根を受け取った後、児童生徒会長がお礼の言葉を述べました。植付けでは、8種類の花を咲かせる球根の中から、好きな色のものを5個選び、富山セントラルライオンズクラブの方々と一緒に鉢に土を入れました。児童生徒たちは、球根に土がかかっていく様子をじっと見たり、触って球根や土の感触を確かめたりしていました。植えた球根は、各教室で大切に育てていきます。春になったら、色とりどりの花が咲くのが楽しみです。