高等部こまどり分教室 対面式

6月23日(火)に、こまどり分教室高等部の生徒9名で対面式を行いました。
今年度に入って初めて生徒全員が顔を合わせることができました。
新型コロナウイルスの感染拡大を考慮して、マスクの着用や教室の換気を行いました。
対面式では、新入生と在校生で自己紹介をし合ったり、高等部の生活を紹介したりして、新入生を歓迎しました。在校生は高等部の生活を紹介するスライドを作成して発表したり、進行を務めたりしました。新入生からは「高等部の様子が分かってよかった。」という感想が聞かれました。生徒達は、久しぶりに会う友達の様子や、新しい仲間を知ることができ、にぎやかで楽しいひとときを過ごしました。

 

高等部こまどり分教室 高岡工芸高校吹奏楽部賛助出演

12月22日(日)、高等部こまどり分教室の6名は、高岡文化ホールで行われた高岡工芸高校吹奏楽部の定期演奏会に賛助出演しました。この日に向けて、こまどり支援学校で行われたクリスマスコンサートや音楽の授業で練習に取り組んできました。「情熱大陸」の演奏に合わせて、工芸高校の生徒と一緒に、タンブリンや鈴などの楽器を鳴らしました。リハーサルでは緊張した様子も見られましたが、本番では会場からの手拍子も相まって、盛り上がりました。貴重な経験をすることができました。

高等部こまどり分教室 校外学習

9月19日(木)、高等部こまどり分教室の生徒8名は、北日本放送(KNB)へ行きました。ニューススタジオでは、少し緊張しながらも、アナウンサーになった気分で原稿を読んだり、現職のアナウンサーの方に直接インタビューしたりしました。ラジオの生放送を収録している様子も見学することができました。その後、オークスカナルパークホテルのレストランにて昼食をいただき、とても楽しいひとときを過ごしました。

 

高等部こまどり分教室 校外学習

6月29日(金)、高等部こまどり分教室は、校外学習で(株)能作へ行ってきました。
総合的な学習の時間や生活単元学習の時間に考えた質問をしながら工場内を見学しました。製作途中の鋳物と完成品に触れて、職人さんたちの巧みさを感じたり、すず製品を曲げて金属の柔らかさを確認したりすることができました。また、すずのアクセサリーを制作し、金属加工の難しさを実感することができました。見学・体験で学んだことをまとめて、学習発表会でみんなに伝えたいと思います。