小学部 仲良し集会

12月16日(水)、小学部の仲良し集会がありました。

今年は、新型コロナ感染拡大防止のため、例年より短時間で、接触や密を避けた活動を行いました。

「サンタの国を飾ろう」のゲームでは、子供たちが、順番に「サンタの国」を訪れ、各自の飾りを付けては、サンタクロースやトナカイと写真を撮りました。ゲームのあとは、先生方によるトーンチャイムの演奏を聴いたり、「ジングルベル」を全員で合奏したりしました。

短い時間ではありましたが、みんなで、にぎやかな、楽しいときを過ごしました。

 

チューリップ球根の贈呈式及び植え付け

11 月 11 日(水)に、富山セントラルライオンズクラブから3名の方 が来校され、チューリップの球根(450 球)と土(420L)の贈呈式をホールで行いました。 贈呈式では、児童生徒を代表して小学部の児童が球根を受け取り、お礼の言葉を述べま した。

植え付けでは、8種類ある球根の中から5球ずつ選んで植えました。選ぶ際には、8色 の花が描かれた写真カードを見ながらどの色の球根にしようかとじっくり考えながら笑 顔で球根を見つめ楽しそうに植える姿が見られました。 これから水やりをしたり、観察したりしながら大切に育て、色とりどりのチューリッ プが咲くのを楽しみにしたいと思います。

  

ものづくり体験出前講座

中学部修学旅行の代替行事として、11月19日(木)2・3限に体育館で「ものづくり体験出前講座」を行い、中学部3年生が参加しました。

講師として、高岡漆器伝統工芸士会の斉藤様と守様、高岡地場産業センターの斎藤様の3名をお招きし、高岡漆器のパネル作りを体験しました。生徒はパネルに自分の好きな花や自分の名前の一文字をデザインしてパネルを作り、個性あふれる作品に仕上がりました。とても楽しく充実した時間を過ごすことができました。

お越しいただいた3名の講師の皆様には、丁寧にご指導していただき、本当にありがとうございました。

  

「おはなし宅急便2020」~絵本の読み聞かせと演奏の会~

10月30日(金)と11月2日(月)の2・3限目に、体育館で、絵本の読み聞かせとプロの音楽家(ピアノ:藤井亜里沙(ふじいありさ)さん、ヴァイオリン:藤田千穂(ふじたちほ)さん、クロマティック・ハーモニカ:比嘉祥人(ひがさちと)さん)の皆さんによる「おはなし宅配便2020」を開催しました。

今回は、コロナウィルス感染予防対策としてソーシャルデスタンスをとるため、4回に分けて講演を行いました。

読み聞かせは、「富山市立図書館よみきかせの会」の方々が担当され、絵本の挿絵を大型スクリーンに映し出しながら、分かりやすく朗読をしていただきました。音楽家の皆さんには、各場面に合わせた臨場感のある演奏で会場を盛り上げていただきました。

児童生徒はスクリーンに注目しながら興味津々にお話や音楽を見聞きして楽しい時間を過ごしました。

〈読み聞かせの絵本紹介〉

・「歯いしゃのチュー先生」 ウィリアム・スタイグ作 うつみまお訳(評論社)

・「ゼラルダと人喰い鬼」 トミー・ウンゲラー作 たむらりゅういち・あそうくみ訳(評論社)

・「かめくんのさんぽ」 なかのひろたか作 (福音館書店)※10月30日のみ

・「ウクライナの昔話 セルコ」 内田莉莎子訳 ワレンチン・ゴルディチューク絵 (福音館書店) ※11月2日のみ

  

避難訓練実施(地震から火災発生)

防災週間(8/30~9/5)に合わせて、9月4日(金)に避難訓練を実施しました。

まず、全校児童生徒が、地震発生の放送とともに、各教室で素早く防災頭巾やヘルメットをかぶって自分の身を守る訓練を行いました。その後、火災が発生したことを想定し、高等部の生徒(今回は新型コロナウイルス感染症拡大防止のために密を避けるため一学部のみが避難)のみが正面玄関に避難しました。

避難終了後、消防署員から地震や火災についての対応方法や消火器の使用に関する講習を受ました。

避難の様子

 

消防署員より説明

 

消火器体験