新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う臨時休業について

国の新型コロナウイルス感染拡大防止対策を踏まえ、下記の期間、臨時休業することとなりました。

【臨時休業期間】
令和2年3月2日(月)~3月24日(火)
※3月25日(水)~4月7日(火)までは休業日です。

詳細はお知らせをご覧ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う臨時休業について(お知らせ)

 

修了式

3月22日(金)に修了式を行いました。本校では小学部30名、中学部17名が1年間の課程を修了し、各学部の代表児童生徒に校長先生から修了証が授与されました。また、高等部13名については代表生徒に通知表が渡されました。高等部こまどり分教室でも修了式を行いました。

本校での式の後には、3月2日にテレビ信州で放送された「ゆめの海を行く」という番組から、本校で10月31日に行われたゆめ水族園の様子を上映し鑑賞しました。

朝乃山関との交流会

2月13日(水)、朝乃山関との交流会が、朝乃山後援会をはじめ関係機関のご厚意により開催されました。
質問タイムでは、「練習は大変ですか。」「いつも何をどれだけ食べていますか。」「彼女はいますか。」といった質問に、朝乃山関は率直に快く答えてくださいました。
親善相撲では、小・中学部の豆力士が朝乃山関や付き人の朝鬼神関へ果敢にぶつかっていったり、おそるおそる組み合ったりしていました。
大きくて、心優しい朝乃山関と交流できて全校児童生徒は大満足。夢のような時間を過ごしました。

芸術鑑賞会 人形劇団「むすび座」公演

 

12月4日(火)に、後援会主催の芸術鑑賞会を開催しました。今年は、人形劇団「むすび座」をお招きして、「1・2・3かく・4かく〇」と「だってだってのおばあさん」の二つの演目で上演していただきました。児童生徒たちは、人形や図形を巧みに操作する様子や演者の生の声や歌に、目をキラキラ輝かせ、拍手をしたり一緒に身体を揺らしたりするなど、楽しむことができました。また、児童生徒が退場する際には、小さな人形で一人一人に声をかけて見送っていただくなど、最後まで充実した時間を過ごすことができました。

チューリップ球根の贈呈式及び植付け

11月12日(月)5限目に、本校体育館において、富山セントラルライオンズクラブ様よりいただいたチューリップの球根500球と土の贈呈式及び植付けが行われました。

贈呈式では、児童生徒を代表して小学部の児童が球根を受け取った後、高等部生徒がお礼の言葉を述べました。

植付けでは、一人ずつ、8種類の色の花を咲かせる球根の中から5個を選び、富山セントラルライオンズクラブの方々に手伝っていただきながら、鉢に植え、各教室に持ち帰りました。

植えた球根は、水やりをしたり、観察したりしながら大切に育て、春には色とりどりのチューリップが花を咲かせる予定です。

「お話宅急便2018~音楽と絵本のコラボおはなし会~」

9月26日(水)3・4限目に、オールアイシンNPO活動応援基金により、「おはなし宅配便2018~音楽と絵本のコラボおはなし会」を開催しました。
絵本の読み聞かせは1学期に引き続き2回目となり、今回も富山市立図書館よみきかせの会の方々にお願いしました。
さらに、ヴァイオリンとピアノの演奏者にも来ていただき、音楽で絵本の各場面を臨場感たっぷりに盛り上げていただきました。多くの児童生徒は、読み手の声や伴奏にじっと聞き入る様子が見えました。途中、演奏のみの時間、簡単な手遊びの時間もあり、全員でたっぷり絵本の世界に親しむことができました。

<今回読まれた絵本>
「ともだちや」(内田麟太郎、降矢なな:偕成社)
「おばけの地下室たんけん」(ジャック・デュケノア、大澤晶:ほるぷ出版)
「にじいろのさかな」(マーカス・フィスター、谷川俊太郎:講談社)

<曲 目>
「タイスの瞑想曲」 マスネ作曲
「メヌエット」   ボッケリーニ作曲 他

「しんちゃん文庫及び時計の贈呈式」

   

平成4~6年に本校に在籍された児童の保護者である木様より、児童生徒用図書(書架を含む一般図書283冊、大型絵本21冊)とからくり時計をご寄付いただきました。
児童生徒用図書は、寄贈された木様の息子さんのお名前から「しんちゃん文庫」と名付けられました。

9月19日(水)10時より本校体育館において、寄贈者のご家族が来校され、全校児童生徒、教職員が参加し、贈呈式が行われました。
校長先生より、「息子さんの思い出が詰まった学校にプレゼントをいただきました。寄贈していただいた方の思いを受けとめてたくさん活用してください。また、命を大切にして時を刻んでいってほしいです。」と話がありました。その後、富山県知事からの感謝状が贈呈されました。
木様から「元気で頑張ってください。本をよく読み勉強してください。」とお言葉をいただきました。それに対し、児童生徒会長が「みんなでマナーを守って本を大切に使います。」とお礼の言葉を述べました。

 

全国ボッチャ選抜甲子園

8月8日、東京「港区スポーツセンター」において「第3回全国ボッチャ選抜甲子園」大会が盛大に開催されました。全国8ブロックから選考された24チームが、8つのリーグに分かれ、第1位のチームが決勝トーナメントへ進む試合形式で大会が始まりました。
本校はGリーグで、鏡が丘特別支援学校(沖縄)、あさひ特別支援学校(群馬)の3チームによる総当たり戦で予選が始まりました。どの試合も手に汗握る試合となり、結果3チームが1勝1敗と同率のうえ全試合がファイナルショット制度まで持ち込まれました。各チームの代表者によるファイナルショットゲームで本校は惜しくも敗れ、予選敗退となりました。
しかし、初出場ながら堂々とした試合運びで、応援に駆けつけた保護者の方や職員は大感激でした。感動と興奮で一杯の素晴らしい大会となりました。

第3回全国ボッチャ選抜甲子園 壮行会

 

7月20日(金)、本校にとって初出場となる全国ボッチャ選抜甲子園(8月8日、東京都にて開催)の壮行会を行いました。
校長のあいさつの後、本校後援会の橋本淳会長から激励の言葉をいただき、ユニホームも贈呈していただきました。
児童生徒・教職員がメッセージを書き込んだ応援旗の前で、選手代表が決意表明した後、児童生徒会有志が中心になって応援のエールを送り、全校で選手を激励しました。