令和2年度富山県立特別支援学校高等部B日程入学者選抜一般学力検査に係る得点の開示について(変更)

このことについて、下記のとおりとします。

111111111111111111

1 開示の期間(延長)

変更前:令和2年3月25日~令和2年4月24日

変更後:令和2年3月25日~当分の間(土曜日、日曜日は開示しません)

2 開示期間の終わり

改めてお知らせします

新型コロナウィルス感染症の拡大防止への対応について

【臨時休校期間】
令和2年5月6日(水)まで延長
〇休校の案内文書については、保護者案内をクリックしてください。

〇センター通路掲示板について
・こども支援センターと本校の間の通路に、掲示板(ホワイトボード)を設置しました。今後のお知らせはそちらに掲示しますので、訓練時には必ずご確認ください。早急のお知らせは、これまでどおり学校安全メールか電話でお知らせします。

〇就学奨励費の書類について
・提出していただきたい書類をお渡ししたいので、事務室にお立ち寄りください。

〇電話連絡について
・休校中は、学校からお子様の健康状態や生活の様子等の確認のため、定期的に (週に 1 回程度)担任から電話連絡を取らせていただきます。
・万一、お子様やご家族等が感染者(濃厚接触者)となった場合は、速やかに学校にご連絡ください。

〇図書室の利用について
・訓練等で保護者同伴の場合、利用が可能です。
・一人3冊まで貸し出し可とします。
・図書室内では読まず、家庭への貸し出しのみとします。
・返却する際は図書室前の返却ボックスに返却してください。
・返却後の本は、学校で消毒してから設置します。
・図書室を使用する場合は、マスクを着用してください。図書室の入り口に消毒薬を設置していますので、使用前に消毒してからお入りください。使用後も必要に応じてお使いください。

◎自主学習について
・ご家庭の事情により、やむを得ず自宅待機等が困難な場合は、学校にご相談ください。

新型コロナウィルス感染予防への対応について

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う臨時休校について

国の新型コロナウイルス感染拡大防止対策を踏まえ、下記の期間、臨時休校することとなりました。

【臨時休校期間】
令和2年4月9日(木)~4月22日(水)

詳細は以下のお知らせページをご覧ください。

《お知らせページ》
(1)0408保護者案内「新型コロナウイルス感染拡大防止に係る行事等の実施について」
(2)別紙 行事等の実施について

<保護者の方へ(◎本校・分校共通、〇本校のみ)>
〇センター通路掲示板について
・こども支援センターと本校の間の通路に、掲示板(ホワイトボード)を設置しました。今後のお知らせはそちらに掲示しますので、訓練時には必ずご確認ください。早急のお知らせは、これまでどおり学校安全メールか電話でお知らせします。

〇就学奨励費の書類について
・提出していただきたい書類をお渡ししたいので、4月13日(月)以降の訓練時に、事務室にお立ち寄りください。

◎電話連絡について
・休校中は、学校からお子様の健康状態や生活の様子等の確認のため、定期的に (週に 1 回程度)担任から電話連絡を取らせていただきます。
・万一、お子様やご家族等が感染者(濃厚接触者)となった場合は、速やかに学校にご連絡ください。

〇図書室の利用について
・訓練等で保護者同伴の場合、利用が可能です。
・一人3冊まで貸し出し可とします。
・図書室内では読まず、家庭への貸し出しのみとします。
・返却する際は図書室前の返却ボックスに返却してください。
・返却後の本は、学校で消毒してから設置します。
・図書室を使用する場合は、マスクを着用してください。図書室の入り口に消毒薬を設置していますので、使用前に消毒してからお入りください。使用後も必要に応じてお使いください。

◎自主学習について
・ご家庭の事情により、やむを得ず自宅待機等が困難な場合は、学校にご相談ください。

入学式

4月8日(水)に令和2年度の入学式を行いました。小学部3名、中学部8名、高等部本校12名、高等部こまどり分教室1名、計24名の新入生を迎えました。

式辞の中で校長は、覚えてほしい言葉として「校訓」の内容について話しました。「『明るく』は、いつも笑顔で前向きな気持ちをもつこと、『仲よく』は、信頼できる人とのつながりをたくさんもつこと、『たくましく』は、くじけない強い心をもつことであり、『明るく 仲よく たくましく』の言葉を思い出して、強い心をもった児童生徒に成長してください。」というメッセージを送りました。

卒業証書授与式

3月11日(水)、卒業証書授与式を行いました。小学部9名、中学部11名、高等部3名の計23名の卒業生に卒業証書が授与されました。
長濵校長は、「充実し、豊かな、満足感がある人生を生きるために、“笑顔”と“感謝”の言葉を思い出してほしい。みなさんが誰かに“笑顔”を向ければ、よりたくさんの“笑顔”が返ってくる。家族や助けてくれる人に“感謝”の気持ちをもてば、その人もあなたに“感謝”してくれる。これまで出会った人たちからもらった喜びを思い出しながら、これから出会うたくさんの人々と、新しい喜びや感動を見い出してほしい。」というメッセージを送りました。卒業生代表からは、「いつも励ましてくれる家族、先生、友達の温かな支援に感謝し、明るく、仲良く、たくましく生きていきたい。」という誓いの言葉がありました。